読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんちゃん’s diary

縫製&昇華プリント工場社長の必死ブログ(≧∀≦)

下請け縫製工場からの脱却

おはようございます(^^) 天然パーマの縫製屋社長こんちゃんです( ´∀`)

ウチの会社は親父が30年前に立ち上げた子供服&婦人服のカットソーの縫製工場です。
(今は布帛でもメンズでもほぼ何でも縫いますが(-_☆))

私が15年前に入社するまではサンプル工場でしたが、サンプルの仕事だけではキャパが埋まらなくなり、それからは大手商社のOEM・ODM生産を中心とした大量生産型工場に変わっていきました。

15年前はというと、不景気とはいえ大手アパレルのオーダーは1型3000枚を超えており、非常に生産しやすい内容でした。

それだけのロットとなると当然加工賃も安いのですが、同じ物を続けて生産していくと工員も慣れていき、かなりのペースで製品化していくため、安くても採算は合いました。

しかも同じ生地で3000枚×3型とかが普通にあり、ミシンの調子も約1ヶ月変えずに済んだりとメリットが大きい仕事が多かった記憶があります。

今はというと、100枚~200枚の仕事が大半で、しかもカットソーアイテムは比較的簡単な縫製が多いためか加工賃も安めなのです。

しかし近年の生地は、非常に扱いづらい物が多くて縫製も困難になってきています。

ウチは元々加工賃を他社よりも高めにしておいたので、まだマシな方でしょうが、それでも資材の高騰や最低賃金のアップもあるため厳しいのは変わりません。

*単価が高めの設定の分、納期も無理やり入れ込まれたりしましたが…(^^ゞ
(よく言われたのが、他工場はどうやっても納期に間に合わないから、近藤さんだけは何とかしてくれよ~みたいな…まぁ、それをこなしてきたから今があるのかも知れませんが(^^ゞ)

ちなみに、15年前から比べて三重県の最低賃金は16%以上上がっています。(663円→771円)

FBフレンドでライターの南さんがよく書かれていますが、Tシャツの縫製加工賃200円と言う話も、いまだによくあります。
大手アパレルの製品原価率はカットソーだと20~25%が大半です。

また洋服の販売価格など、15年前から上がっているどころか下がっているブランドが多いでしょうし、生地や染色の単価も上がっているので、「上代の20%から生地代などを差し引いた残りが縫製代」みたいなの引き算形式の現状では縫製加工賃が上がる訳がないのは明白です。

さらに世の中には洋服が溢れ、聞くところによると日本で販売される洋服は1年間で41億枚との事。

それとは別で古着やリサイクル服もあります。

これだけの洋服を売り切れるわけがありませんよね。

私としても、一生懸命に作った製品がセールでも売れず、バッタ屋行きや焼却処分されているかもしれないと考えたら、やり切れません(>_<。)


長い前書きとなりましたが、ここからが本題。

今年、ウチの会社に「昇華プリント事業部」を立ち上げました!

先日、その事業部の名称を「YⅱK(ワイツーケイ)」と名付けました(^^)/

余談ですが、私と専務である弟のイニシャルが共に「Y.K」なので、「Y2K」。

「Y2K」だと何か格好良くないし、「YⅡK」だと1999年に韓国でデビューしたグループ名になるので「YⅱK」としました(^^ゞ


このプリント事業で何がしたいかと言うと、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて過熱するスポーツの分野に参入する事です。

私は元々スポーツを観るのも、するのも好きでしたし、精一杯頑張っている選手の姿を何らかの形で応援したいという気持ちは昔からありました。

しかし縫製工場だけの設備では、参入しても大手スポーツメーカーの下請けという縫製業界でも1番厳しいポジションにしか入れないので、今まではタッチして来ませんでした。

しかし昨年の補助金事業に見事承認されましたので、昇華プリンターと昇華転写機を購入することが出来ました。(転写機は来月納入予定)

このプリントは転写紙に印刷した物をポリエステル繊維に熱転写機で昇華する事で出来上がる他のプリントではまず表現出来ない鮮やかで発色の良いプリントが出来ます。

サッカーやバレーやバスケットは勿論、最近話題のラグビーや野球のユニフォームでも使われています。

そのほか自転車や登山など、多種多様なスポーツがどんどんこのプリントで製品化しています。

このプリントの良い所は製版が不要なので、極小ロットのチームや個人のオーダーにも対応出来る所です(^-^)v

日本中にこのプリントが出来るプリント屋はたくさんありますが、一流アパレルの仕事をしてきた縫製工場がプリント事業をするのは初めてに近いのではないかと思います(^-^)

ウチはパターン作成から、裁断→縫製→プレスと、ほぼ全ての工程が出来ますので、極端に言えば、お客さんそれぞれに合わせたサイズのユニフォームでも作る事が可能です!

プロ選手やサポーター用のユニフォーム類ももちろん出来ますが、一般でスポーツを楽しんでいる方々に対して自分用や友達同士のチームのオリジナルTシャツやユニフォーム、またイベントグッズ等々を作って、皆が笑顔になってくれるような商品作りをしていきたいと思います(^o^)

まだまだこれから遠く長い道のりにはなりますが、昨年から年明けで入社してくれた3名を含む社員13名が力を合わせて、今まで以上に良い商品作りを心掛ければ、結果は付いてくるような気がしています(^^)

絶対この事業を成功させて、従業員やお客さんを含む関係者みんなを幸せにします!


ps.このブログは昨日の新幹線車中で書き始めて、今日まで掛かってしまった(^^ゞ
おまけにスマホで書いたので、画像の入れ方が分からない(>_<。)
会社に戻ったら、修正します(^-^)v

============================

連絡先

有限会社 近藤ソウイング / 昇華プリント事業部 YⅱK(ワイツーケー)
代表取締役 近藤喜成
E-mail:k-sewing@m3.cty-net.ne.jp
============================