読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんちゃん’s diary

縫製&昇華プリント工場社長の必死ブログ(≧∀≦)

当社の昇華プリント機で作る「横断幕」などについて

おはようございます。

 

やっと冬らしい寒さが毎日続きますね。まぁでも、昔よりは暖かい気がするけど。

そして、冬になるとなぜか目覚めが悪く、ベッド(ふとん)から出たくない事も多くなります。しかし、今年は「体幹指ヨガ手袋」を着用して眠っているためか、朝スッキリ起きられています。腰痛緩和と共にダブルで感謝っす(*^^)v

 

 

さて、今日のブログは当社の昇華転写プリント機を使った商品の一部をご紹介しますね。

先日、知人の紹介でご依頼いただいたのですが、某ジュニアラグビーチームの横断幕を製作しました。

 

以前に作られたエンブレムなどのイラストデータをお借りしたのですが、本来イラストレーターのデータである「ai」という拡張子のデータをお借りしたかったのですが、「pdfデータ」しかないとの事で、若干精度に欠けるデータでしたが、何とか製作出来ました。

 

まずは、いただいたデータを元にレイアウトを考えて、取り急ぎのミニ横断幕をプリントします。

 

 データを製作中の私(^^)v
f:id:yoyoyo-kon5455:20161209094256j:image

 

そして、お客さんに確認してもらい、本番に向かいます。

ちなみに今回は、確認でもご来店いただき、微修正も目で見てもらいながら出来ましたので、さらに良かったのではないかと思っています。

 

①ローランド製大型昇華プリンター(プリント最大幅160cm)

f:id:yoyoyo-kon5455:20161209104004j:plain

 

②HASHIMA製ハイブリッド式大型昇華転写機(最大転写幅160cm)

f:id:yoyoyo-kon5455:20161209104221j:plain

 

③縫製場にて、裁断➔縫製➔ハトメ打ちして完成

(この途中工程の写真を撮り漏れました^^;)

f:id:yoyoyo-kon5455:20161209104029j:plain

 

ちなみに、横断幕を収納するための、同柄オリジナル巾着も作れます(^^)v

f:id:yoyoyo-kon5455:20161209103941j:plain

 

今回の横断幕は120cm×360cmというサイズで、使用生地は防炎トロマットです。

(もし横断幕の近くでたばこを吸っていて灰が落ちたとしても、防炎加工の生地なので燃え広がる事はありません。)

また、しっかりとした生地感ですが、さほど重くなく、非常にコンパクトに収納出来ます。

(上記の巾着サイズが30×45cm)

 

そして、昇華プリント専用のプリンターを使用していますので、発色も非常に綺麗です。

 

気になる価格ですが、これだけの大きさの横断幕でデータ作成に巾着も付いて、30,000円未満でご提供することが出来ました。これも製造工場直販だから出来る価格だと思っております。

 

インターネットでもよくある昇華プリント屋さんは、大半がデータ作成とプリントまでを自社で行い、裁断・縫製は外注というケースが多いと思います。(もしくはデータ作成のみで、プリントからあとは全て外注というケースもあります)

しかし当社では、元が縫製工場ですので、プリント・裁断・縫製・プレスまで全てを一貫生産できる工場なのです(*^^)v

さらに、サンプル工場でもあるため、パターン作成からの製作も可能です。

 

よって、決まりきったサイズや形状のアイテムだけでなく、オリジナル形状のアイテムも製作可能なのです。

 

先日もお問い合わせいただきましたが、応援フラッグの作成依頼で、両面それぞれにプリントして、袋縫いしたフラッグが作れないかというお話をいただきました。

 

そのようなオリジナルのリクエストは、通常の旗屋さんでは難しいのかもしれませんが、当社では全く問題なく作成できます。

 

近々ご来店いただけるとの事でしたので、お待ちしている所です。

 

今後、益々昇華プリントのご依頼が増えると考えていますが、どこから見てもらっても恥ずかしくないクオリティを保った製品作りに邁進していく所存ですm(__)m

 

横断幕や応援旗などをご検討されている方は、是非とも一度当社にご相談くださいませ(*^^)v

 

 

 ==================================
連絡先
有限会社 近藤ソウイング / 昇華プリント事業部 YⅱK(ワイツーケー)
代表取締役 近藤喜成
E-mail:k-sewing@m3.cty-net.ne.jp
==================================