こんちゃん’s diary

縫製&昇華プリント工場社長の必死ブログ(≧∀≦)

新事業は目標を持ち、変化を恐れないで動くこと

こんにちは😃

 

新しいWebサイトが出来たからなのかわかりませんが、ものすごい勢いで日々お問い合わせが来てます。そして、関東や関西からの来客も増えてます。6月に東京・大阪で展示会を開催するから、そこに来てもらっても良いですよ?って言うんだけど、来社される方も多くいらっしゃいます。まあ、うちは来る者は拒まず去る者は追わずですけどねw

ただし、安価で服作りがしたいと考えてる人は来ないでください!と最初からお伝えしてます(^-^)v 海外と比べる人とか問題外だから…。

 

今日のブログは簡単に書くよ。

 

タイトルは「新事業は目標を持ち、変化を恐れないで動くこと」だっけ?笑

 

これって当たり前の事だよね?

だけど、これをやれてない人は結構いるんじゃないかな?

 

当然ながら、新しく始めた事業はしっかりと計画を立てて挑むものと思います。

だけど、そんなに簡単には計画通り進まない。

うちの昇華プリント事業だって、予定害(外)の事が起こりまくりました(* ̄∇ ̄*)

 

一緒に事業やると言っていたデザイナーが売り掛け残してドロップアウトしたりね(-_-;)

 

紆余曲折の末、事業開始後3年近く経ってやっとまともに動き始めたよ。

 

ただ嬉しいのは、新規のお客様さんからは必ずと言うほど「凄く綺麗な仕上がりで満足です!ありがとうございます。また次回もお願いします!」と言ってもらえる事だ。

 

うちは元々がアパレル畑で、色んな洋服を作ってきた。

その技術をスポーツウェアの分野に生かしながらやってます。

 

オリジナルブランド立ち上げのお手伝いもその一環ですね。

 ↓このブログね(^-^)v

スポーツブランドを立ち上げたい人へ - こんちゃん’s diary

 

新たな事業は色々あるよ。

ある人が言ってたけど、3ヶ月やってダメならやり方を変える事が必要なんだって。

 

俺は3ヶ月どころか毎月のように色々変えてきたんで、今があるのかな?って思ってます(*^^*)✌️

 

みなさんも、色んな事にチャレンジして、失敗したとしても、それを違う形に変化させながら進める事をオススメします(^-^)v

 

kondosewing.com

 

日本の縫製工場ここにあり~昇華プリント+日本人縫製工場~

ごぶごぶ無沙汰してましたーーーーーーーー(´▽`*)

 

カットソー縫製工場にとって超繁忙期の4月までが終わり、やっとブログを書こうという気になったので、書いてます(*^^)v

 

前回のブログが3/18でしたので、なんと1.5カ月ぶりのブログ更新となりました('◇')ゞ

 

でも、その間に弊社でものすごい進展があったので、今回はそのことをブログに書こうと思います。

 

1.新WEBサイト完成

さっそくですが、こちらが弊社の新しいWEBサイトです。

https://kondosewing.com/

 

kondosewing.com

 

製作してくれたのは、なんとあのオールユアーズさん!

 

みなさんオールユアーズって知ってますか?

https://allyours.jp/

allyours.jp

 

クラウドファンディングで洋服の日本記録を樹立したり、24カ月連続クラファンやったり、昨年の毎日ファッション大賞にノミネートされたりもしている今注目のすごいアパレル企業です。

 

そしてWEBサイト公開と同時に、そのオールユアーズ代表取締役の「原康人氏」との対談もありました。

詳しくは、こちらを読んでみてください。

 

allyours.jp

 

WEBサイトも新しくなり、従業員のモチベーションも上がってきているので、ますます良い仕事が出来ると期待しています(*^^)v

 

 

2.地元テレビ局での放映「わがまちの社長さん」

こちらは、弊社に今年の2月撮影が入り、4月16~30日の2週間毎日放送されました。

そして、5月1日からはインターネット配信も開始されました。

https://youtu.be/U8vsbi6Gd3E

youtu.be

 

テレビの取材っていうと何か大げさだったけど、案外リラックスして望めたかな?って思ってます。

そして、「自慢の社員さん」というコーナーでは縫製の工員が出演していますし、当日インフルエンザで休んでしまった新人以外はみんな映っているので、こちらもモチベーションアップに繋がったかな?(*^^)v

 

 

3.スポーツ業界の新しい展示会「SIMEx」への参加

http://simex-expo.org/

simex-expo.org

 

こちらは、今年1月にスポーツウェア製造で色々と助言いただいている奈良県の「アクラム」さん達が主催する新しいスポーツの展示会です。

その1月の東京展では、わずか5社の出展にも関わらず250社もの来場があったというこれからが楽しみになる展示会なんです。

以前から展示会への出展を誘われていたのですが、弊社は加工屋の合同展示会「EN」へ毎年出展しており、さらに今年の展示会はまともに被ってしまっているという現実。

非常に悩んだのですが、ENで共同出展している香川県の帽子メーカー「島田」の宝田社長のご協力もいただける事から、両方に強行出展することになりました!

ですので、ワタクシ近ちゃんは6月4日は原宿開催のEN会場に居り、6月5~6日は東京駅のSIMEx会場に居りますので、是非とも遊びにいらしてくださいませ(^_-)-☆

 

 

その他、地元いなべ市との取り組みなど、様々な事をやっておりますが、まだお伝え出来る状況ではありませんので、本日のブログはここまでといたします。

 

なんや~、宣伝だけかいな!って思われた方もいるかも知れませんが…

 

そうです!宣伝です!笑

 

現代は知られてなんぼ!の世界でしょ?w

 

あっ!そうそう!!

最後に昨年作った新感覚アロハシャツAloch(アロッチ)で「令和アロハ」を作ってみたら、地元の市議会議員や県会議員が気に入ってくれて、まだ試作品の段階ですがお譲りさせて頂きました(*^^)v


f:id:yoyoyo-kon5455:20190505131601j:image

f:id:yoyoyo-kon5455:20190505131544j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日ブログ書かないとダメ!とは思わないよ?

こんばんは😃🌃

久々のブログを書きます。

 

俺は、品質と納期を絶対に守る昇華プリント&縫製工場「有限会社近藤ソウイング」の社長、コンちゃんこと近藤です(^-^)v

 

俺は毎日ブログを書いてません。いや、書けません。

だって、目一杯仕事やってるもん。

 

よく「毎日ブログ書かないとダメ」とか言う人いるやん?

確かに毎日書けるなら書いた方がええとは思います。

 

でも、毎日ブログ書いてても結果出てない人もいるやろ?

逆に毎日書かなくても結果出してる人もいる。

例えば、世界の名だたる社長がみんな毎日ブログ書いたから、今の地位が気づけたのか?

 

そんな事ないよねー。

 

たけど、ブログの大切さはもちろん分かってるよ。

今も、俺の過去のブログとかを見て問い合わせしてくれたりするからね(*^^*)

 

俺は、ブログで人柄を出せたらいいなーって思ってる。

こんなこと自分で言うのも何なんだけど、俺は根が真面目だ。

 

だから仕事も真面目にやるし、お客さんの要望には極力応えたいと思ってる。

そのためには、ある程度の単価をもらわないと採算が合わなくて会社を運営できないよ。

 

でも、人は単価が安い方に流れてしまうのも心情として理解できなくはない。

 

俺はこのブログを通じて、俺という人間を知ってもらって、間違いない商品を間違いない納期で届ける昇華プリント&縫製工場が三重県の片田舎にあるという事を知ってもらうためにやってるんだと思います。

 

だから、これからも毎日じゃなくてもブログは書き続けるだろうし、うちを知ってもらう努力を続けていきます!

 

うちの工場が気になったら、是非とも連絡してみてくださいm(_ _)m

 

 

===============================

連絡先

有限会社 近藤ソウイング / 昇華プリント事業部 YⅱK(ワイツーケー)
代表取締役 近藤喜成
E-mail:k-sewing@m3.cty-net.ne.jp

===============================
こんちゃん (id:yoyoyo-kon545

 

 

インタビュー受けるのとか苦手やわw

おはようございます。

 

今日は長男の高校卒業式に来ています。

昨年長女が高校卒業し、連続の卒業式です。まあ年子やから仕方ないよねー(^_^ゞ

春からは名古屋の大学に通うため、一人暮らしになり、これでうちには子供がいない状態になる!やれやれですわー(;´д`)

 

最近、サッカーユニフォームや生地プリントなどの昇華プリントのお仕事が増えており、来客も月の半分くらいあるから、なかなかブログ書けなかったけど、今日は卒業式始まるまで少し時間あるからパパっと書きます。

 

先月中旬に地元のテレビ局から取材がありました。

「わがまちの社長さん」とかいう番組で、うちみたいな小さな工場なのに、1日掛けて撮影していかれました。市内には他にもたくさん大きな会社あるのに、取材させてもらえないんだね…(-_-;)


f:id:yoyoyo-kon5455:20190302084300j:image

 

まあ確かに、年明けから打ち合わせして台本を作り、撮影当日は朝9時から午後4時頃まで掛かったから、大変でしたけど(^_^ゞ

 

その中でインタビューを受けたんだけど、対談してる姿をひきで撮り、そのあと、おれ1人をアップで撮るから、同じ内容の話を2回もしなければならなかった。

おれは、ものすごい緊張しーやから、話す内容を決めておくと詰まってしまう。

やから、その場その場で思った事を話すんだけど、同じ事2回も言えねー(* ̄∇ ̄*)

ってか、1回目に何て言ったか忘れてるー(≧▽≦)

 

テレビの番組撮影って大変なんだなーと思った48才冬の近ちゃんでした(*^^*)

 

放送は4月の後半にあり、1ヶ月後にはインターネットで配信されるらしいけど、恥ずかしいから見ないでくださいね😆

コンサルというモノに毒を吐くよ

今日は毒を吐きます。

 

俺は基本的にコンサルタントという職業はあまり好きではない。

f:id:yoyoyo-kon5455:20190129011602j:image

 

何故か?

 

それはコンサルタントは責任を取らないから。

 

セミナーやったり、個別に相談のったりしてくれるのは有難いが、じゃあセミナー受けたみんなの会社は良くなってるのか?

 

コンサルがよく話すことは、すべて成功例だけ。

コンサルした会社がすべて儲かっているなら、世の中の中小零細企業はこんなに不況ではないはずだ。

確かに経営者の責任もある。だけど、コンサルもお金をもらう限り結果を出さなければならないと思う。

 

われわれ製造業は結果を出さないと儲けは出ない。

であれば、コンサルは請け負った仕事(その会社の業績を上げる事)が出来なかったなら、報酬を受け取ることはおかしいと思うから。しかし、基本的には先銭受け取るのがコンサルタントだ。

 

世の中には数多くのコンサルタントがおり、セミナーなども頻発している。

 

どれを選択するかは経営者の責任だが、世の中のコンサルはもっと責任感を持ってもらいたいと思うよ。

 

そして、勇気あるコンサルは自分がコンサルタントした会社が経営に失敗した事例を出してもらいたいね。

まぁ、誰も出さないだろうけどw

 

あなたが選んだコンサルは大丈夫ですか?😁

アウトプットとアップデート

こんばんは。

 

昇華プリントと縫製工場を一貫生産できる日本に数少ない工場の社長の近ちゃんです。

 

最近よく、アウトプットしろって言われます。

出すの?せっかく自分の中に入れたの出すの?って思ってました…

 

たしかに、近年の情報量の多さは目に余る。何が本当で何が嘘なのか?もよくわからなくなってるよね。

 

だけど、真実は製品を作っている工場なら全て分かっています。

 

縫製工場は、もう自社ブランドを作るしかないのか?

 

縫製工場もアップデートする時期が来ているんではないかと最近強く思います。

 

もうアパレルからの仕事を待っているだけでは縫製工場は成り立たないように感じている。

 

かといって、どこかのお下劣な縫製工場のように、アパレルを何も知らない人を騙して、多額のお金を騙しとるような真似もしたくない。

 

うちは真面目に真摯に洋服作りがしたいだけだ。そして、まっとうな単価の仕事をして、従業員や家族を幸せにしたいだけなんです。

 

だけど、縫製だけではほとんど採算は合いません。だから、うちは昇華プリントを絡めた洋服で勝負します!

スポーツウェアはもちろん、オリジナル生地プリントの販売や、様々なオリジナル商品の開発も進めていく。

 

どこまでやれるのか?わからないけど、死ぬ気でやれば何とかなるでしょ😁

 

経営者でないと分からないこともある。

誰にも相談できない事もあるけどね。

 

それでも経営していくのが経営者の努めなのだ。

 

何か最後は愚痴っぽくなっちゃだたけど、今年飛躍するつもりの経営者のちょっとしたボヤキだと思ってちょうだいな😆

 

 

ファストファッションによる弊害どうなった?

こんばんは😃🌃

三重県北部にある日本人だけで運営している昇華プリント&縫製工場社長の近ちゃんです。

 

今日はこの映画の紹介。

ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償(2015)

f:id:yoyoyo-kon5455:20190121234236j:image

映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』 | 華やかなファッション業界の裏側の知られざる真実とは?

 

もう3年も前の映画だけど、その後アパレル業界は何か変わったのだろうか?

 

日本には相変わらず年間29億枚くらいの洋服が海外から届く。

そのうち安価な洋服がどれだけあるだろう?

そして、その洋服はどこでどうやって安価で作られているのだろう?

 

 

あなたは考えた事がありますか?

 

ファストファッションがどれだけ地球の環境を破壊しているか?

そして、どれだけの人の犠牲の元に出来ているのかを。


そしてそれは途上国だけの問題ではなくて、わが国、日本でも変わりません。

ガイアの夜明けで岐阜県の極悪工場が出ていましたが、外国人実習生制度を悪用した安価な洋服作りをしていました。


洋服を作るには、ものすごい手間が掛かります。ボタン1つで自動的に出来るわけではない。

あるアパレルメーカーが縫製工場へ来て「どの機械に入れたら服になって出来てくるのですか?」と言ったと聞いた時には怒りよりも悲しみが湧いてきました。


現代の洋服は、雑貨やお菓子よりも安価なモノもある。本来あり得ない事です。なのに、もうそれが普通になってしまっている。
今やユニクロの洋服をメルカリでさらに安く買う時代。


なかなか難しい問題ですが、うちがやれることは、これからも洋服作りに真摯に向き合い、消費者の方々に理解してもらえるよう発信していく他ないかと思っています。

 

先日聞いた話ですが、今の若い女性はファッションで個性を出そうとはしないと聞きました。仲間の中で憧れられる子とは、「ステキな服を着てる子」ではなく、「フランクに英語を話せたり、ヨガで体がしなやかだったり、お肌が発光してたり・・・」誰でもが簡単に真似出来ない日々の努力で生まれる能力みたいな個性だと。


だけど私は、洋服にも人を素敵にする力はあると思っているので、まだまだ洋服作りを続けていくつもりです(^-^)v

 

以上、最近感じた事を簡単に書いてみました(^-^)v