こんちゃん’s diary

縫製&昇華プリント工場社長の必死ブログ(≧∀≦)

ブログ見てくれての新規で十分だが、それでも展示会もやる理由。

こんにちは。

 

展示会が連発してる昇華プリント&縫製工場社長の近ちゃんです。

 

まずは、やっぱりブログって凄い✨

いまでも二年前のブログが一番良く見られてるし、それを見て→HP見て→メールって流れの新規のお客さんも相変わらず多い。

 

良く見られてるブログはこれね

http://yoyoyo-kon5455.hatenablog.com/entry/2018/04/01/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%92%E7%AB%8B%E3%81%A1%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%9F%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%B8

スポーツブランドを立ち上げたい人へ

 

 

正直言うと、多額の費用出して展示会に出なくても、このブログだけで新規は取れます。

 

でも、それでも展示会にも出る。

 

なぜか?

 

関東や関西のお客さんと簡単に会えると言うこともあるけど、一番は自分のモチベーション。

展示会出るから、新しいモノを考えたりもする。

あと、アパレル関連のたくさんの友達にも会って交流会出来るからってのもあるけどね😁

 

 

そうやって7年ほど前から展示会に参加させてもらって、毎年何かしらの新商品を作ってきた。

その年には受け入れられなくても、数年後に使ってもらえたりもする。

 

「継続は力なり」とは良く言ったものだよね。

 

でも、出来る人ならもっとやるたろうけどね。ブログも毎日書くだろうし。

 

俺にはそれは出来ないけれど、それでもやらないよりは良いし、なんだかんだ成果も出る(成果出ないなら、確実にやり方が悪いんだろうね)

 

今は、来月の展示会に向けて、何を出すか考えてるし、その先の新規事業立ち上げの段取りや、調整などずっとバタバタです(^^ゞ

 

それでも動いてないと不安で気持ち悪いし、動けば動くほど色んな楽しみも増える。それが経営者ってもんです。

 

 

そうやって考えて出展する来月の展示会はこちらですよ!(≧▽≦)

f:id:yoyoyo-kon5455:20201123130407j:image

https://www.shin-monodukuri-shin-service.jp/

 

また東京でお会いしましょう✨😉

 

プリントマスクから中綿ジャケットまで作る工場

こんばんは。

 

絶対品質・絶対納期の昇華プリント&縫製工場社長の近ちゃんです。

 

昇華プリントシステムを導入してはや4年が経ちました。

 

うちが他社と違う所は、元がサンプル工場という事もあり、パターン製作から裁断、縫製、アイロンプレスまで一貫した生産が出来るところです。しかも通常の縫製工場が嫌がる少量生産も得意としています。

 

今回のブログでは、うちで作れる商品を書き出してみようと思います。(基本的に布で作る物なら何でも作れるんだけどね😁)

 

小さな物、ベーシックな物から書き出していきます。

 

①プリントマスク
f:id:yoyoyo-kon5455:20201031153912j:imagef:id:yoyoyo-kon5455:20201031153837j:imagef:id:yoyoyo-kon5455:20201031153754j:image

 

②プラシャツ(サッカーユニフォームシャツ)

③プラパンツ(サッカーユニフォームパンツ)

④ポケット付きプラパンツ

⑤ジャージ上下

⑥ピステ上下

⑦中綿付きピステ

⑧中綿付きジャケット

⑨中綿付きハーフパンツ

⑩アロハシャツ

⑪ポロシャツ

⑫長袖シャツ

⑬ドルマンシャツ

⑭リバーシブルシャツ

⑮リバーシブルビブス

⑯インナーシャツ

⑰スパッツ

⑱パーカー

⑲横断幕

⑳ハッピ

 ・

 ・

 ・

 等々

 

基本的に布で作れる物はなんでも作れるんだよね。

また、これは昇華プリント入りばかりだけど、この他にも、綿など天然素材やナイロンストレッチ素材などを使った洋服も当然作れます😁

 

とにかく、一度ご相談くださいね。

ただし、私もメチャクチャ忙しい身なので、早めのアポイントをお願いしますm(_ _)m

 

 

地元のお寺の合コン(寺コン)スタッフとして参加してきた話

こんばんは👋😃

 

全然ブログが書けない昇華プリント&縫製工場社長の近ちゃんです。

あっ、絶対品質絶対納期の工場ですよ😁

 

普段の平日は昇華プリントやアパレルブランド立ち上げのお手伝いをしているので、ずっとバタバタと朝から晩まで仕事している私ですが、日曜日は地元の行事などに参加したりしています。

 

先週は曳山祭りの山車の飾り付けをやりましたし、今日は地元のお寺「聖宝寺」の合コンイベント「寺コン」にスタッフとして参加して来ました(*^^*)👍

f:id:yoyoyo-kon5455:20201018175308j:image

 

このイベントは、昨年から紅葉祭りが中止になる代わりに始まった和尚肝いりのイベントです。

昨年は男性10名女性11名の参加者で見事3組のカップルが誕生しました。

 

今年はコロナの影響もあり、参加者は少し減り、男性9名女性7名でしたが、なんと今年も昨年と同じ3組のカップルが誕生しました‼️

 

このようなイベントにボランティアスタッフとして参加するのは、会社の経営者としていつもバタバタしている私としては結構大変なのですが、地元を盛り上げたいという和尚の想いに応えて参加してます。

 

また、参加者の方々からスタッフの雰囲気作りが良かったなど感謝の言葉をいただくと疲れも吹き飛びますからね😊

 

そういえば、今回の寺コンでは、参加者の方々の名前をマスクにプリントして渡させてもらい、着用してもらいました。

 


f:id:yoyoyo-kon5455:20201018175405j:image

 

例えばだけど、病院や介護施設、会社の研修などで個別の名前を入れたマスクって需要あるんじゃない?って仕事にも繋がる事までわかったりして有難い事ですね😁

 

どこにいても仕事の事は頭にあるから、経営者病みたいなもんです🤣

 

今日は、珍しくプライベート的な内容のブログでした(^^ゞ

差がつく国内縫製工場

こんにちは👋😃

 

色んな仕事に手を出し過ぎて、オーバーフロー気味の絶対品質・絶対納期昇華プリント&縫製工場社長の近ちゃんです!

 

先日、小さなブランドやってるお客様から他の工場から上がってきた製品について、うちの見解が聞きたいと連絡がありました。

 

ブランド「ある工場に製品を依頼しまして、うちが縫い代の倒し方向を指示していなかったら、脇などの縫い代がバラバラに倒してあったんですけど、御社の場合指示がなかったらどうされますか?」

 

私「うちの場合は、指示がなければ基本的に後高にしますね」

 

ブランド「ですよねぇ。たしかに指示しなかったうちにも落ち度はあるけど、指示しなかった方が悪いと全く取り合ってくれないんです」

 

私「まあ工場によっては、指示がないと自分達がやり易い方向へ倒したりする所もあるとは思います」

 

ブランド「でも、製品1枚1枚バラバラなんですよ」

 

私「それはダメですね」

 

ブランド「そうでしょう?でも、その工場は指示ないのが悪いとしか言わなくて困ってるんです」

 

私「まあ、そこはその程度の工場という事ではないですか?うちの場合、指示がなければ基本は後高ですが、厚くて縫いづらい物などは部分的に変える物もあります。でも先上げとかで確認してもらいますよ?先上げとかやらなかったんですか?」

 

ブランド「先上げとは違う風に上がってきたんです」

 

私「なら工場が悪いじゃないですか」

 

ブランド「それでも指示がないんだからブランドが悪いと言われてます」

 

私「そんな工場は今後使うの止めた方が良いと思いますね」

 

こんなやり取りがありました。

こういう所でも工場の差は出ます。

 

また、これ以外の事でも、商品1点1点の見栄えはもちろん、例えば糸始末やなど様々な所で差が出ます。

 

縫い方なんて何でもいい、縫製汚くてもいいから、とにかく安くしてほしいというブランドはこういう工場に頼めば良いと思います。

 

それが嫌なら、ちゃんとした単価払ってちゃんとした工場に依頼してほしいものです。

 

あと、単価はこれしか出したくないが、クオリティは守ってほしいというアパレルやブランドもありますが、そんなもん出来るわけないだろ!って思いませんか?

手間を省けば、それだけ粗悪になる。

もちろん、ミシン設備などはちゃんとしてて、そこからあとの話です。

洋服は自動では縫えないんですよ。

機械の入口に裁断物を入れて、出口で待ってたら洋服になって出てくるような未来は絶対に来ません。

 

余談ですが、先日SNSフレンドの方からマタニティドレスの縫製を依頼されたんですが、その希望価格は、うちがワ○ールのマタニティやってた25年近く前の単価と変わりませんでした。

 

当然ながらお断りしましたが、結局、日本の物価なんて上がっていないという事です。

売値が上げられないから、加工賃も上がらない。でも、賃金だけは上がってる。だから、零細企業はいつまで経っても厳しいままなんです。

 

まあ、うちは採算の合わない仕事は受けないし、もう違う方向へ向かってますから関係ないですけどね。

 

それと、いま縫製工場は防護服やマスクの仕事がたくさん入ってて、混んでいるようです。

だけど、先日糸屋さんなど仕入先が言ってましたが、防護服のみにシフトしたような工場は、先を考えていないから、近いうちに閉鎖する所が多いだろうと考えているようでした。

そのあたりも信用度が変わると思います。

 

縫製工場を探す時は、そんな事も考えながら探してみてくださいませm(_ _)m

 

オリジナルTシャツの価格

こんばんは。

 

二夜連続の投稿です。

 

特に最近、ものすごく多くのお問い合わせをいただいています。

内容は、オリジナルTシャツやオリジナルレギンスなどの製作依頼です。もちろん、スポーツブランド立ち上げの件もありますが…。

 

今夜はオリジナルTシャツの価格について書きたいと思います。

 

Tシャツと一言で言っても様々な物があります。

うちで作っているTシャツを大きく分類すると以下の2つになるかと思います。

 

①ポリエステル素材の吸汗速乾Tシャツ

②天然素材のTシャツ(主に綿100%)

 

この内、まずは①のポリエステルTシャツの価格について説明します。

 

1番安価で作れるのは、CABやトムスなどの既製品にプリント加工をする方法です。

こちらは、どこでも作ってもらえるし、価格も数百円からあるかと思いますので割愛します。

 

はい、ここからが本題。

 

オリジナルTシャツを作りたいという人に向けての目安価格の話です。

 

作り方は2通り

 

1.昇華プリントで全面プリントする方法

こちらの価格は単純です。

ベーシック素材(ハニカムニット)を使用した場合で、ロット5枚~ @3600-/枚です。(送料・税別)

ただし、完全aiデータ入稿が原則なので、データ作成からだと別途費用が掛かります。

生地を変えると、その分価格はアップします。

またうちのストックパターンではなく、オリジナルパターンから製作したい場合は、パターン&サンプル製作費用が別途掛かります。

 

2.無地の生地にシルクプリントなどの加工を施す方法

こちらは、生産ロットや2次加工によって凄く変わってきます。

仮にハニカムニットの黒でフリーサイズ50枚作る場合、生地代+加工賃で2,000円位になりますので、そこに2次加工費用(プリント代など)をプラスする感じです。

 

簡単なプリントで2,500~3,000円くらいになるかな?(送料・税別)

※縫製仕様などでも価格は変わっていきます。

またこちらも、オリジナルパターンから製作したい場合は、パターン&サンプル製作費用が別途掛かってきます。

 

この価格でも、日本人だけで構成され、有名アパレルブランドのサンプルも縫製している優秀な弊社スタッフが製作させていただくので、割安だとたくさんのお客様から言っていただいております。

 

もちろん、絶対品質・絶対納期の保証付きです。

 

あっ、もちろんですが、オーダー数量が多くなればなるほど価格は下がっていきますよ。

 

この価格を高いと思われる方は、申し訳ないですが、弊社へのお問い合わせを、見合わせてください。

 

今年に入ってから、本当にたくさんの方々からお問い合わせをいただいております。

 

出来る限り全員の方の洋服製作のお手伝いをさせていただきたいのですが、キャパの問題もありますし、価格面で折り合いがつかなければ商談の意味もありません。

 

これからの日本の縫製工場は、減る一方だと思っています。実際にこの数ヵ月で結構減りました。

特にコロナ禍で、現場はマスクか防護服しか縫っていないような状況です。

それがダメとは言いませんが、あまりに簡単な物ばかりを走って縫っていると、腕は確実に落ちます。

うちが特別良い洋服を縫えるとは断言出来ませんが、他社よりも気を使って仕上げているのは間違いないです。

「間違いのない良い品をお客様の元へ」

それがうちのポリシーなので、どんなに手間が掛かっても一切手は抜きません。

そんな工場と永くお付き合いしていただける方だけがお問い合わせいただければ良いと思ってますので、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

※②の天然素材のT シャツについては、またの機会に書ければと思います。

 

人に教えられるほどの人間なの?

こんばんは。

 

久々のブログを日曜日の夜中に書いてます。

 

コロナ禍の現在、人々は外に出にくくなり、オンラインでの交流も盛んになってますね。

ブログもその1つ。

 

色んな人がブログなどで色んな情報を発信してます。

だけど、その情報は本当に正しい?

自分が知りうる情報を公表することは悪ではない。

でも、それが絶対とは限らないと思う。

 

私はアパレル業界に身をおいて27年になるけど、これは絶対正しいと言えることは案外少ないと感じてます。

 

私が出来るのは、その27年で培った経験で、アパレルを全く知らない方々にアドバイスをすること。

 

それしかないと思ってる。

 

アパレルは水商売に近いと思ってます。

感性と運がものをいう世界。

取っ掛かるのは簡単だけど、奥はものすごく深い。

 

そんな世界の事全てを、他人に教えられるほど出来た人間とは思っていません。

 

そんな私だけど、それでも頼ってくれる、慕ってくれる方々がいるのならば、誠心誠意応えようと思います。

 

それが普通の考え方じゃない?

 

それを、さも自分は何でも知ってると言って素人を騙してるアパレル関係者を見ると虫酸が走る。

 

そんな事を感じた日曜日の深夜の近ちゃんでした(≧▽≦)

 

とりあえず、昇華プリント&縫製の事なら、私に聞いてくださいね😁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランド立ち上げのお問い合わせについて

おはようございます。

 

超絶久しぶりにブログを書いてる絶対品質・絶対納期の昇華プリント&縫製工場社長の近ちゃんです(*^^*)

 

皆さまコロナの影響は、いかがでしょうか?

うちももちろん少し影響出ていますが、大手アパレルの大半をやめた事や、お客様を選ぶ事により影響は軽微で、売り上げも昨年対比でほぼ変わっておりません。(もちろんマスク製作などヤれることはヤりましたけどね(^^ゞ)

これは非常にありがたい事だと思っており、感謝にたえませんm(_ _)m

 

さて、今日のタイトルの「ブランド立ち上げのお問い合わせについて」なのですが、コロナ騒動が起きてから、特に先月後半くらいからですが、弊社にブランド立ち上げのお問い合わせがものすごい多く来ています。

今月、来社された方々だけでも10人を越えています。

ただ、他の事業をされていて新たにアパレルブランドやスポーツブランドを立ち上げたい方もいれば、個人で普通に働きながらブランドを作ってみたいという方々もいらっしゃいます。

 

私はうちに来られる方にはまず、安価で簡単な服を作りたいのならば「既製品のTシャツなどにプリントや刺繍を入れて売れば良いですよ」とお伝えします。その方が圧倒的に安く作れますからね。

だけど、素材や形に拘りたいのならば、全てを1から作らないといけないし、それには結構な費用が掛かる事をお伝えしています。

 

そして、今回のコロナで今後確実に増えていくネット販売を考えると、商品の品質が安定していないとお客様がすぐに離れてしまう時代になると思ってます。

安物は安物で当然残るけれど、もう安いからと言ってそれが購入理由になる事は年々減っているからです。

お客様からすれば、当然安い方がいいんだけれど、安い物はどこにでもあるし、海外での大量生産に勝てるわけがないです。

せっかく日本製の商品で勝負するのならば、良い品質の商品・ちゃんとした納期でお客様に届けたくないですか?

 

そんなご要望にお応え出来る会社として、弊社を選んでくれてのご来社だと感じています。

 

ただ、洋服作りを簡単に考えないでほしいとは思いますね。

もちろんうちはプロだから簡単に作ってしまうけれど、どこもが出来る事ではありません。

 

 

将来、縫製士の給料を30万円40万円と出せるようにするには、今の単価では全然ダメなんですよね。

日本に服作りの産業を残していくために一緒にやっていけるようなブランドさんになってもらえたらと切に願います。

 

PS.レナウンがあんな事になって、宮崎県の工場の優秀な縫製士が100人以上もクビになります。うちでも縫製士は募集してます!

寮費1万円の住み込み可です(*^^*)

もし三重の田舎町まで来てもいいという縫製士の方、また、営業やデザイナー志望の方もご連絡いただけたら幸いです👍