こんちゃん’s diary

縫製&昇華プリント工場社長の必死ブログ(≧∀≦)

鈴鹿山脈最高峰「御池岳」のバッジを製作します!

こんにちはー⤴

なかなかブログが書けていない昇華プリント&縫製工場社長天パの近ちゃんです(>_<)

 

今日はバッジ好き登山者の方々に朗報っす(*^^*)v

 

以前から要望の多かった「御池岳バッジ」の製作に取り掛かりました❗

 

御池岳は、私が住む三重県ではなく滋賀県の管轄なんで、うちがバッジ作って良いものか?悩んでいましたが、実際に登山するのは三重県側からが多いし、藤原岳からも繋がっているので、まあ良しとしよう!(*^^*)

 

ってことで、こんなん作りますーー‼

  ⏬
f:id:yoyoyo-kon5455:20171006132900j:image

 

御池岳の山頂部は「テーブルランド」と呼ばれ、南北約3km、東西数百mの広くて平らなのが有名なので、バッジのモチーフを何にすれば良いか?って、かなり悩みました(^-^ゞ

 

でも、やっぱり山の名前の通り「池」で良いかな?ってね。

 

完成予定は11月上旬なので、ちょっと秋の登山シーズンから遅れてしまうけど、気長に販売していきますので、是非ともお立ち寄りいただき、ご購入くださいませm(_ _)m

 

また今後、「手ぬぐい」やその他アウトドアウェアの製作も検討中ですので、お楽しみにしていてください!

特にウェアは今までにない画期的なウィンドブレーカーを考えているので(^^)v

 

さらに、プリント工場を改装し、一部をアウトドアグッズの販売店にしたり、子供達が無料で遊べて、大人はゆっくりコーヒーとか飲めるようなスペースも作れたらなぁって夢もあります。

 

まだまだ先は長いけど、楽しみながら進めて行きたいと思っています🎵

 

 

高2息子の学園祭用クラスTシャツ

おはようございます。

徐々に台風が近づいていますね。今回は大型なので要注意です。

なのにまだ自宅の雨戸は閉めていない昇華プリント&縫製工場社長天パの近ちゃんです(^^)v

お昼休みにはちゃんと閉めようと思ってますよー

皆さんも早めに対策しておく事をオススメします(*^^)v

 

さて今日のブログですが「学園祭で着るクラスTシャツを作りたい!」と高2の息子がいうので、先日の土曜日の午後一緒にデザインを作り始めたが、その日の夜、息子がクラスのLINEグループで話していたら友達が「もっと凝ったのが作りたい!」とか言って「今から行って作業したい」とか意味分からん事を夜の10時に言い出した。

「来るなら明日の朝早く来い!」って言ってやったら、本当に朝めちゃ早く6時半に来やがったんだよな(^_^;)

 

そして、そこからが大変だった(T_T)

まず、デザイン決め。

ここが本当に問題で、どのようなデザインにしたいかが出て来ない(>_<)

当然クラスに聞いても答えるヤツはいないみたいだし…。

 

しかたなく、クラスのテーマである「トリックアートとアリス」っぽく、トランプ柄とかを提案していったら何とか決まっていったんだけど、そこからもアイデアを出し続け変えて行く作業・・・(-_-メ)

 

まあ、大変。でも若い子と話しながらの作業はなかなか楽しかったよ(^^)v

クラT37枚作り終わったのは夜の8時過ぎてたけど(-_-;)

 

はい!それでどんなデザインになったのか?

こんなん出来ましたーーー!
f:id:yoyoyo-kon5455:20170916173721j:image
 前はクラスメイトが手書きした絵を修正しました(*^^)v

そして背中の拘りわかるかなあー?2年6組だからトランプも1枚のカードの中が「2」と「6」になってるし、カードを並べて「6」を作ってるんだけどね(*^_^*)

そして、左上の先生はジョーカー(ババァだからとか言ったとか?言わないとか?w)

 

ちなみに前日息子が作ってた背中の柄がこちら
f:id:yoyoyo-kon5455:20170916173806j:image

これもシンプルで悪くないと思うんだけどね(^^)!

 

そして、今週の木曜日に学園祭で着た時の写真がこれ 
f:id:yoyoyo-kon5455:20170916143725j:imagef:id:yoyoyo-kon5455:20170916143746j:image

みんなの笑顔が嬉しいね(*^^*)

 

今回は息子達が作るという事(実際は大半俺がやっちゃったけど)で、ほとんど商売にはならない価格だったけど、これからこういうのをやってみても面白いかな?と感じた近ちゃんでした(^v^)

 

ただ、こういうのは極端な価格競争になっているようなので、ちょっとやる程度だと思うけど^^;

 

クラスTシャツや応援Tシャツとか作りたかったら、一度相談してみてなーー(^O^)/

 

 

 

 

 

昇華プリントのスーパーブラック✨

こんばんはー😃🌃

 

一昨日、息子とその友達と一緒に高校の学園祭用クラスTシャツを作った(朝7時30分から20時30分までかかった(>_<))昇華プリント&縫製工場社長天パの近ちゃんです(^^)v

 

その時の模様は、また後日書こうと思います(^-^ゞ

 

今日は、うちの昇華プリントで作る拘りの黒「スーパーブラック」について書いてみます。

 

まず、うちの昇華プリントの設定は、他社よりもインク吐出量が半端ないって事はお伝えしたかと思います。

 

そして、黒にもメチャクチャ拘ってるんです。

どうしても無地の黒い生地に近づけたかったので、試行錯誤の上、使用しているインクのCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)のバランスをあれこれ試してみて、超黒い仕上がりにしたんです🎵

 ↓こんな感じね(^^)v
f:id:yoyoyo-kon5455:20170913003512j:image

ちなみに裏側からみると↓
f:id:yoyoyo-kon5455:20170913094157j:image

また、元の生地は↓
f:id:yoyoyo-kon5455:20170913094237j:image

真っ白なんですよー(^o^)v

 

昇華プリントの黒というと、普通は茶色っぽかったり、チャコールみたいだったり、酷いとグレーみたいになってるモノもあると思いますが、せっかく黒ベースオリジナルユニフォームを作るのなら、真っ黒になってて欲しいって想いから、研究してこの黒に行きつきました(^^)/

 

中には安ければ何でも良いよって言う人もいるでしょうが、私は拘りたいですね。

 

黒の色1つだけみても、拘り過ぎちゃってるユニフォーム製作工場が三重県の山奥にあるって事を覚えておいてくださいね!

純国産品って何?

こんばんは😃🌃

久しぶりのブログになっちゃいました(^-^ゞ

今日は展示会サンプル作成時にお世話になった県内にあるダウン工場さんを訪問してきた昇華プリント&縫製工場社長天パの近ちゃんっす(*^^*)

 

日本の製造法って面白いんですよねー。

最終加工地が日本だと日本製って表記出来るんです。例えば海外で作った安価のTシャツに日本でプリントしたり刺繍したりすると日本製になります。それって何か変だけどねww

まあ、食品とかも輸入したお肉などを加工して製造したりするから、そうなってるのかと思いますが、最近加工する原料の生産地を明記するように変わってきたので、衣料品もそのうち変わるとは思いますけどね(^^)v

   ↓ 食品はこんな感じね
f:id:yoyoyo-kon5455:20170906235547j:image

 

さてさて、私が考える純国産とは?

 

それは、日本の工場で日本人だけで製造した商品なのかな?って考えています。

じゃあ、実習生に縫わせたのがダメなの?とかは全く思いませんが、「純」っていう限りは全てを日本人でないとダメなのかなぁと…。

 

一昨年ある大手アパレルさんとの取り組みでやろうとしていたのは、例えば道の駅などの野菜の販売所に「この人参は私が作りました」って写真付きで置いてあるみたいに、「この洋服は私が作りました」って写真付きで販売しようか!って話してたんです。まあ、そのアパレルさんは業績悪化で出来なくなっちゃいましたが…(^-^ゞ

 

これだけ色んな洋服が安価で購入できる世の中で勝ち残るには、やはり「この工場の人が作ってくれた洋服だから欲しい」って言ってもらうのが究極の形なのかな?って思っています。

 

そして、うちは昇華プリントも出来るんです!

これってスゴい強味だよね?

おまけにパターン作成からでも出来るし(^^)

パターン作成→プリント→裁断→縫製→プレスを一貫で生産できる純国産の工場って、たぶん日本でも物凄く希少な工場だと思います(^^)/

このあたりをもっとアピールするべきだとは思ってるんですけどね(^-^ゞ

 

さらに実は今、これから公開されるある映画の主人公が着ているユニフォームのレプリカも作ったりしています(^^)v

 

これからどんどん取り組める製品の幅を広げていくので、安心感を得たいブランドさんはお早めにお声かけしてもらった方が良いかと思いますよー。

昨日も関東のスポーツブランドさんから問い合わせ来てたみたいですしね(*^^*)

あっ!でもうちはあくまで工場なので、基本的に一般のお客さんのお仕事はお受けしませんので悪しからず。

 

さあ、明日は例のレプリカユニフォームをプリントしなくちゃいけないので、そろそろ寝ようっと(*^^*)

 

それではまた➰👋😃

椎間板ヘルニアの私の腰痛が楽になった理由

こんにちは(^^)

 

お盆休みに初めて甲子園で高校野球を観戦してきた昇華プリント&縫製工場社長天パの近ちゃんです(*^^)v

三重県代表の津田学園は残念ながら敗退してしまいましたが、引き締まった良い試合を見られて感無量でした(>_<)

 

さてさて、今日のブログですが、タイトルに書いたように私の椎間板ヘルニアによる痛みが緩和したというお話です。

 

まずは、私の腰の状態ですが、このようになっています。

            ⇩
f:id:yoyoyo-kon5455:20170818160635j:image

この写真は2015年2月に撮影したMRI画像です。

赤い丸の部分がヘルニアになっています。一番上が酷くて、 この部分は軟骨が完全になくなっており、腰椎どうしが擦れてヒビが入っていました。

整形外科の主治医からは「神経はそんなに触っていないから、腰痛体操などをして腰回りの筋肉を付けることで現状維持するしかない」と言われました。

筋肉を緩める薬・痛み止めの薬・胃薬をもらい、腰ベルトも購入し、決して無理をしないようにと言われ、病院をあとにしたのです。

その後は毎月必ず通院し、近況を伝え、薬をもらう日々が続きました。

特に辛かったのは就寝時です。

ベッドでは仰向けに寝ることは全く出来ません。足をくの字に曲げ、横向きでないと寝られないため、当然ながら寝返りも打てませんでした。

翌日が雨の日は気圧の変化からなのか、痛みが増して、痛み止めを飲んでも全く寝られない日もありました。

医者の勧めで、いろんな所で寝てみました。私に一番合っていたのが畳の上にふとんをひく形でしたので、畳ベッドなる物も購入しましたよ。

  ⇩ 

f:id:yoyoyo-kon5455:20170818161855j:plain

こんな感じのベッドね

 

これが一番ましでしたが、どうしても腰部分が沈んでいくので、間に堅めのコンパネの板をひいたのは言うまでもありませんが…(*^^*)

 

 

はい。そして本題のどうやって楽になったのか?を書きますね(^^)v

 

それは就寝時に「指ヨガ手袋http://www.wis-fujiwara.com/?mode=f1)」を着用したからです。

 

遡ること11カ月。

2016年の9月に、姿勢が良くなるという手袋を「着用して寝ている人がいる」と聞きました。この手袋は、多くの有名人を顧客に持つボディメイキスト小平芳弘先生と弊社で共同開発し、製造している元々は女性の美容商品(バストアップ目的)なのですが、肩こりなどにも効果を感じている人が出ていました。そして日中30分着用するだけでなく、夜も付けっぱなしにしている人がいると聞き、試しに私も着用したまま寝てみたのです。

すると今まで絶対に無理だった仰向けでの就寝や寝返りを打つ事も問題なく出来ました。

そして一番の驚きが朝、目覚めた時です!それまでは朝起きても20~30分くらいは起き上がる事が出来ませんでしたが、手袋を着用して眠った日は、そのまま飛び起きるくらい元気に起きられたのです!「地に足が付く」とはまさにこの事か!と思いましたね。

 

そして、それから何カ月も就寝時に手袋を着用し続けましたが、次の日が雨だろうが、雪だろうが、寝られないという日は在りませんでした。

ですので2016年の9月以降、約11カ月の間、一度も整形外科へ行っていません。(もちろん薬も飲んでません)

これには我ながらビックリしています。

もちろん、腰の痛みがないわけではありませんよ。

当たり前ですよね、軟骨ないんだから…(^_^;)

でも耐えられない痛みは、昨年9月以降一度もないという事実

 

これって凄くない?

 

 

人によって合う・合わないはあると思いますが、腰痛で困っていらっしゃる方には、是非とも一度試してみてほしい商品なんです。

そして、身体の歪みを効果的に取る運動もありますので、合わせて試していただく事をオススメします(*^^)v

 

あっ!もちろんですが、甲子園行きの長距離バスに往復10時間以上座っている時も「指ヨガ手袋」を着用していたのは言うまでもありません(^^)v

 

 

母が死にかけた病気-小脳出血-

おはようございます。

 

今日のブログは、私の母が今年の6月、病に倒れた際、スマホに日々書いていた日記のような覚え書きを元に作成しています。

近年、団塊の世代が定年を迎え、高齢者が増えてきています。

そして、今まで仕事などで無理をしてきた身体が悲鳴を上げて症状に出る方も多くいらっしゃるかと思います。

脳内出血や脳梗塞は誰にでも起こりうる病気なのかもしれません。

脳出血は高血圧が原因とされていますが、母は昔から低血圧でしたので「まさか母が?」と思いましたが、最近高血圧気味だった事をあとから聞きました。

両親や祖父母、もしかしたら夫や妻が発症する方もいらっしゃるかも知れません。

脳出血を発症してどうなったのか?少しでも知っていただいて何らかの対処の参考にしてもらえたらと思い、このブログを書いています。

 

 

2017年6月19日
母さん、親戚のお通夜のあと会場を出て駐車場に向かう途中20時10分頃小脳出血発症
フラつき真っ直ぐ歩けない状態

天地が分からなくなり、怖いと話す
すぐ近くにかかり付けの日下病院があったため、救急車は呼ばずアルファードで搬送

(病院に着いたら、看護師に「このような場合は必ず救急車を呼んでくださいね!今日の当直が内科医だったから良かったけど」と言われたが、救急車では到着が遅れていただろうし、処置も遅かったと思う)
20時30分頃治療室へ
血圧200、意識障害、めまい、吐き気、歩けないなどの症状
処置後CTを撮り、21時57分に医師とオヤジ付き添いのもと救急車で桑名西医療センターへ搬送
22時30分頃桑名西医療センターに到着
造影剤入りで、CT撮る
SCU(脳卒中集中治療室)にて治療開始
出血がおさまってきたので、手術せず薬剤治療になる
入院手続きなどのあと、医師より説明
小脳の出血で量は10cc程度なので何とか手術せずに済んだが、これ以上出血が多くなればすぐに手術するとの事
CTで見ると小脳の左側に2~3cmの出血が見られた
最初の日下の話ではJCS Ⅲ-200と聞いていたが、救急車でⅡ-20~30になり一桁になったらしい(JCS(ジャパン・コーマ・スケール)とは意識障害患者の意識レベルを評価する指標の一つ 。→JCS(ジャパン・コーマ・スケール)|意識障害患者の意識レベルの評価指標|看護roo![カンゴルー] 
リハビリすれば杖をついて歩いたり、食事もとれるが、言葉はハッキリと話せない可能性が高いと医師からの説明を受ける
深夜1時00分くらいに面会
意識はあり、うなづいて返事は出来るが話せない目が回って気持ち悪いようだ
とりあえず状態は安定したので深夜1時30分頃に病院を出て帰宅

 

入院2日目
15時30分にオヤジが面会20分間
意識はハッキリとあり、話が出来た
手足も動かせる
目を開くと目が回り気持ち悪くなる

19時30分に喜成面会5分間
目をたまに開いて話す
長く話すと後がエライと言う
話はしっかりとした内容で話せる
子供達(孫)を頼む
エライことしてしもた
他の従業員にも無理はするなと言ってくれ
など
担当医師に会う
リハビリを小山田記念病院と頼む
経過を聞くと、少し出血は広がったが、止血剤を増やして対処
手術しなければならないほどではない
手足も動かせられるし、話も出来るので、予定よりも早く病室に移れるかと思うとのこと

 

入院3日目
 11時30分オヤジが面会
廊下で担当医師と会い、経過を聞く
少し気になる所があるので、まだ数日はSCUに居てもらうとのこと
19時30分にオヤジ二度目の面会
経過良好のため、一般病室に移動する事になった
目を開いて話も出来るし、両膝も動かせられる
大貝戸の伯父に連絡しておいてほしいとのこと

 

入院4日目
午前中オヤジ面会
部屋を323号室に変わる
ベッドを移された時に動かされたので、痛みが出ている
大部屋で回りにうるさい患者もおり頭痛がするので迷惑している
手足は変わらず動くし、話しも出来る
後日、小山田記念病院に移る話をすると、そこに行かないとダメなの?と答える
経過は変わらず良好

夜に弟夫婦が面会に行く
最初は頭が回らずボケたような事を話していたが、時間が経つと普通になった
左手が思うように動かせない
距離感が掴めないようだ
今年亡くなった伯母が出てきて「お前はまだこっちに来たらダメだ」と言われた

 

入院5日目
 午前中オヤジが面会
昨日までよりも、めまい等がなく良好13時30分からCT検査
結果は問題ないようで、来週から通常の食事が始まる(医師からの説明は無し)

 

入院6日目(6月24日)
13時00分頃義妹と姪面会
リップクリームとティッシュを買ってきてもらう
メガネを届けてほしいと連絡あり

オヤジ16時00分頃面会
メガネを持っていく

喜成18時30分~約一時間面会
寝ていたようで、起きた時は少し寝ぼけている感じ
話し出すと普通になる
点滴がなくなっても見えないからメガネが欲しかったので持って来てもらえて良かった
身体の左側の距離感が掴めないので、自分の左手で鼻を触ろうとしても違う所に触ってしまう
左足も同じと同じだと思うし、舌も左側は感覚がおかしい
自分で手すりを掴んで身体を動かせるようになったが、左手は手すりを掴むのに時間が掛かる
 月曜日から始まるリハビリが不安なので、土日でオヤジに見ていてもらって起き上がる練習をしたいと話す
リハビリはゆっくりで良いから、慌てずにやるように諭すが、日曜日は練習するようだ
小山田記念病院に移ってリハビリする事を確認すると、ある程度動けるようになったら自宅へ帰りたいと言うがリハビリの重要性を伝えると納得した
来年の春には完全復帰できるよう頑張る
昨日まで3日ほど目を閉じると左側に今年亡くなった伯母、右上側に一昨年亡くなった伯父が現れて、伯母が「あんたはまだこっちに来たらあかんよ」と言った
身体の足下と頭から縮んでくるのが分かり、自分はもう死ぬんやなぁと思った
日下や医療センターで医師が話している会話も覚えている
 いとこに連絡してと言われたので、病院を出てから電話した
6月26日月曜日から食事のリハビリが始まるので、お見舞いはしばらく待ってもらうように頼んだ


入院7日目(6月25日)
 朝からオヤジがリハビリの個人練習の付き添いに行く
夕方5時までいたが、今日は熱が37.6℃あり、途中も眠ったりが多くほとんど練習出来なかったようだ
本人も今日は諦めたと話す

弟夕方から面会

夜、嫁と娘が面会
バスタオルと携帯電話がすぐに欲しいと言っており、明日でなく今夜持って来て欲しいと言われた

喜成20時00分過ぎにバスタオルと携帯持って面会
今日の薬に胃腸薬が入っていたので、お腹を壊してツラかった
明日の午後から食事(お茶)をとるリハビリを開始する
ゆっくりで良いので前に進んでいこうと伝えて10分位で退室
あとでオヤジから聞いたが、個室は空いていないとのこと

 

入院8日目
携帯の充電器、フルコート、パジャマ、下着を持っていく
靴下が欲しいと言うので買いに行く
昨日までの熱(37.6℃)は下がっており安心
食事のリハビリを開始すると聞いていたが、食事リハビリは無し
ベッドから車イスに移り、病院内を周回しただけで目が回り疲れてしまう
本日のリハビリはそれで終了
ベッドに戻ると眠ってしまう
まだ流動食が外せないので、それが外せられれば食事リハビリができるようだ
明日病室が2階の個室に変わる
少しずつ、少しずつ前進。

  夜、母さんから電話があり、今日、点滴が全て外れたとのこと。
よって、水分補給が出来ないので、明日オヤジに早く来てもらって欲しいとの事。
「遅くとも朝9時までには到着して欲しい」と伝えてと頼まれた。

 

入院9日目

オヤジ朝9時に病院到着
看護師が忙しく、病室を201号室に変わるのが午後になる
20分程度のリハビリでも、かなり疲れるようだ
16時30分頃に初めて水を3口飲めた
19時20分喜成と息子で面会
目がよく見えない
自分の真正面しか見えないと話す
眼震と思われる
メガネをはめて、やっと柊人の顔が少しわかった
今日のリハビリは車イスに座って両手の上げ下げや、足の上げ下げ、足を伸ばしたりを約20分間行う
夕方、体温計が37.4℃あり、流動食を後にしてもらった
19時40分には36.4℃に下がっていた
担当医に「ちょっと出血しただけなのに、なぜすぐ治らない?」と聞くが、医師に10ccはかなりの出血量と言われ「すぐ治らなくて当たり前」と言われた

 

入院10日目

朝オヤジに電話があり、布団が重いので、家の羽毛布団を持って来てほしいとの事
オヤジ布団持って早めに病院へ
昼前にリハビリ
終わってからがツラいようだ
昼過ぎてからオヤジ1度帰宅
14時06分喜成携帯に母さんからしゃがれた声でエライと連絡あり
ナースコールはしたようで、少ししたらナースが来た
少し熱があるようで、後頭部冷やしてもらうとちょっとはらくになるようだ
部屋も少し暑くて「エアコンを付けましょうね」と言いスイッチを押したようだ
多少は良くなったようで、何かあればまた電話するように伝えて電話を切る
その少しあとで大貝戸の伯父と従兄弟が来てくれた
そのあとオヤジが病院へ到着
小山田記念病院の面談が30日11時~

 

入院11日目

オヤジ16時00分過ぎ面会
重湯を飲んだり、少しのリハビリも出来たようだ
熱もなく、体調も良い
夜に弟が面会

 

 

そして現在はというと・・・・回復期リハビリテーション病棟のある「小山田記念病院」に転院し、リハビリを頑張っています。

*回復期リハビリテーションとは→脳出血・梗塞のリハビリはどうするの? 知っておきたいリハビリの基礎知識

 

食事も自分でとれるし、車いすにも自分で移動して1日3回計3時間のリハビリも毎日こなしており、看護師や療法士が「順調すぎて逆に怖いから、あまり慌てずにやってくださいね」と心配されるくらいになっています(*^^)v

あっ!そうそう、桑名西医療センターのドクターには言葉がハッキリ話せない可能性が高いと言われてましたが、言葉は「ら」行だけが言いづらいだけで、ほとんど大丈夫でした(^^)v

なので病院にいるにも関わらず、こっちの心配ばかりして、よく電話してきます(^^ゞ

今は自分の事だけ考えてれば良いんですけどね(^-^;

姉さん事件です(ー_ー)!! 東京からの帰り道、高速道路でパンクした件

こんばんは。

 

昨日の台風は、うちの近くを完全に直撃しましたが、逆に台風の中心に近かったので、雨もそこまで多くなく、風も酷くなかったから助かったーとホッとしている昇華プリント&縫製工場社長天パの近ちゃんです。

 

さてさて、先日の土日は車での東京出張厳しかったあーー(>_<)

往復800kmに加えて、最後は伊勢湾岸道で夜中にパンクと来たもんだ(-_-メ)

3車線ある道路の一番右を走ってて、車のフラつきと異音を感じたので、徐々に減速&左に車線変更していき、路肩へ停車。

 

 

横を大型トラックがびゅんびゅん走っていくので、運転席側からはとてもじゃないけど降りられない。

助手席に座っていた弟に確認させたら左後ろのタイヤがパンクしていました。

まあ、後ろのタイヤだからハンドルを取られるような事はないから大丈夫なんですけどね(*^^)v

*私は以前、スバルのレガシー(ターボ車)を100㌔以上(人には言えないスピード)で走行中に前のタイヤがバーストした経験を持っているので、ちょっとの事ではビビりませんけど(^^)v

 

保険のロードサービス(無料で保険代も上がらない)を使ってレッカーを呼び、最寄りのICまで持っていってもらいました。

そこで、レッカーのお兄ちゃんと色々話してましたが、やっぱり夏場は高速で停車する車が凄く多いんだって。

道路の温度が高いので、パンクやオーバーヒートなんかも増えるみたい。

 

そして高速で停車した時は、ガードレールの外に出るのが一番良いんだけど、私が停車した場所のようにガードレールがなくて、避難所もない場合は、必ず車から降りて自分の車の後ろ側へ行き、後ろから来る車見続けるのが正解なんだってさ。もちろん、道路公団や保険のロードサービスへ電話する事も必要ですよ。

 

でも「夏場、外に1時間以上立ってるなんて暑くて耐えられん」ってレッカーのお兄ちゃんに言ったら「命とどっちが大事か考えてください」だって。

 

一応、私なりに考えて、車の中でバックミラーを見ながら、近い車線を走ってくる車が来た時は、ブレーキをポンピングで踏む事で知らせるようにしてたんだけどね。

この方法でかなり気づいてくれて、車線を変更してくれたトラックも多かったよ。

たぶん発煙筒や三角表示板を地面に置くより、高い位置にあるテールランプの点滅の方が気付きやすいんだと思うんだよね。

それにはレッカーのお兄ちゃんも「良い判断だった」と言ってくれたけど、でも正解は外に出て見続ける事らしいよ。暑くても頑張らないとダメらしいんで、皆さんはそうしてくださいな(*^^)v

 

結局、細い釘が1本だけ刺さっていたんだけど、東京で拾って、長距離を走ったために徐々に空気が抜けたんだって車屋に言われました。ついてないなあーー(-_-メ)

 

まあでも、事故にならなかっただけ感謝しないとね。

皆さんも事故・故障にはくれぐれもお気をつけくださいね(*^^)v